北野映画ロケ地をゆく
■あなたの旅行にプラスアルファ!行ってみたい名作の舞台を紹介!

【アウトレイジのロケ地茨城編2】巨大な風車がならぶ海岸道路

アウトレイジシリーズ 7,943 Views
愛車と行きたいアウトレイジ スポットNo1


北野武監督のバイオレンスムービー「アウトレイジ 」シリーズでは毎回ユニークな殺害方法も見どころのひとつ。中でも第1作目(2010年公開)では、水野(椎名桔平)が頭に布の袋を被せられ首にロープを巻かれたまま車外へ放り出される、というなんとも残酷なもの。

このシーンの背景にもあった、あのいくつもの風車が並ぶ工業地帯。予告編でも出てきて印象には残っていた。これまでアウトレイジは神戸で多くの撮影をしてきたので、阪神工業地帯のどこかであろうと思っていたが実際にあるのは茨城県の神栖市。鹿島臨海工業地帯にある海岸道路が撮影場所となったようです。

神栖市・南海浜地区内道路

夕陽をあびる水野の殺害現場・ウインド・パワーかみす第2洋上発電所付近

茨城県の東南端に位置する神栖市。一年中安定して強い風が吹くことから風力発電がさかんです。
海岸沿いにある南海浜地区内道路は約3.5kmほどの長い直線道路。ざっと見渡した感じ15基ほどの発電用の風車を確認できました。1基あたり高さは60m、プロペラの幅は38mもあるそうです。

水野が殺害されたのはちょうど鹿島石油の大きな貯油タンクが並んでいる付近にある鉄塔の下。映画撮影当時はまだ建ってませんでしたが、岸壁側には現在いくつか風車がならんでいます(ウインド・パワーかみす第2洋上発電所)。

そしてコンクリートの岸壁にはこのように等間隔にアートが施してあります。「神栖1000人画廊」といわれる観光スポットだそうで、市民の手によって描かれているそうです。残念なこと全体的に壁面は黒ずんでかなり汚れています。2011年の東日本大震災の津波の影響を受けたせいだと思われます。

 
看板

 

 
参考サイト
波崎ウィンドファーム・ウィンドパワーかみす洋上風力発電所←神栖の風車についてちょっと物知りになれます

アウトレイジシリーズ

アウトレイジ。 (2020) アウトレイジビヨンド(2012) アウトレイジ最終章(2017) ()内は製作年 概要 北野作品で唯一の三部作。ヤクザの世界で男たちが生き残りを賭け、裏切りや駆け引きなど壮絶な権力闘争を繰り広げる物語。 キャスト  大友(ビートたけし) 水野(椎名桔平) 村瀬(石橋蓮司) 飯塚(塚本高史) 関内(北村総一朗) 池元(國村隼) 小沢(杉本哲太)ほか 音楽  鈴木 慶一
31日間無料トライアル
ストーリー再生ページへ
U-NEXT