「何という偶然!!?」を表現する”What are the chances of that?”

英会話メモ 458 ビュー

 

例文

Hey, this is spooky.
(気味の悪い)
I also love spaghetti bolognese.
What are the chances of that?
(すごい確率だね)
– Like no chances.
(ゼロに近いよ)

映画「Man up」(英)の中のセリフ

“What are the chances of that?”の意味は”すごい確率だ”です。

ブラインドデートで知り合ったふたりがお互いの趣味を紹介し合うシーンで、偶然にもスパゲティボロネーゼが2人とも大好きだったことに対して驚きを表しています。

 

“chance”の意味

 
chanceの意味は基本的には日本語で言う”チャンス”と同じく、好機や機会のことをいいます。

しかし中には、「偶然」、「確率」という意味もあり、ここでは「何という偶然だ!」といった驚きを表現することが出来ます。

またthe chancesはthe oddsに置き換えることもできます。

What are the odds of that?
 

いろいろな「偶然〜」を表す表現

 
さて、例文のように「偶然〜」は色々な表現方法があるのでから見てみましょう!

⑴ まずは”偶然の一致”という意味の英単語があって、

それは

coincidence

です。

What a coincidence!といったりします

⑵ happen to 〜でも、偶然、たまたまの意味。

I happen to bump into Joe yesterday.
(きのうたまたまジョーに会った)

⑶ by accident, by chance

⑷予期していなかった、という意味のunexpected